今日は私がAppleユーザでMacを使い続けているのか?

その理由について書いていきます。

 

アフィリエイトでMacを使う。私はなぜ今もAppleユーザなのか?まずは、結論から。

 

いきなり結論からですが、

私が昔も今も、なぜAppleユーザでMacを使い続けるのか?

 

それは、Macが好きだから。

まさにこれが一番の理由です。

 

また、パソコン自体のデザインとApple社に魅力を感じているからです。

MacでWindowsも動きますからね。

 

AppleユーザとしてMacなどを使い続ける7つの理由

 

私がMacなどAppleユーザーとして使い続ける理由は、

下記の7つです。

 

  1. Macが好き。
  2. Apple製品を使っていて楽しい。
  3. MacをAppleIIの時代から使っている。
  4. お洒落で、飽きないデザイン。
  5. 周辺機器が充実している。
  6. マニアックユーザー多し。
  7. Windowsやその他OSを稼働可能。

 

 

最近のパソコンの筐体は、コスト低減などの煽りで、

プラスチックの外観で、お決まりのデザインになってないですか?

 

主観ですが、最近の安価なWindowsパソコンは、

なんか味気ないという感じがします。

 

Macはアルミ削り出しのデザインです。

安っぽさがありません。

 

ちなみに現在は、MacBook Proを使っています。

アルミの筐体でTouchバーなどがあり、おしゃれです。

 

さらに最近のmacOSではWindowsが動きます。

 

Windowsを動かすために別と設定やインストールを必要としますが、

インストール後は、MacやWindowsの区別なくそれぞれのアプリケーションを使えます。

 

Macにないアプリケーションを動かしたい場合に便利です。

 

オペレーティングシステムはどんなものが使われているのか?

 

現在、Windowsが主流のご時世ですが、

パソコン(OS)の種類は、いろいろあります。

 

Operating System(オペレーティングシステムの略です。)

 

  • Windows (Windows 10, 8.1や 7など)
  • Mac (macOS)
  • Linux(CentOSなど)
  • ChromeOS
  • 超漢字

 

Windowsは一般的に知られているところですね。

Macはちょっとマニアックなユーザ向けです。

超漢字などは、「超」が付くほどマニアックなOSですね。

 

最近では、著名なユーチューバーは、

MacでFinal Cut Proという動画編集アプリを使っている方が

多いみたいです。

 

ChromeOSはGoogle社のOSですが、

軽量で動作します。ひと昔前のWindowsで利用されていた

パソコン本体をChromeOSに流用できます。

 

Apple社のCEOクック氏の母校がChromeOSに変わったことで

ちょっとした話題になりましたね。

 

ただ、私は、ChromeOSを使ったことがないので

現時点では使用用途が明確ではないですね。

 

パソコンやOSで何を使ったらいいのか?

 

私は、Macを常に使っていますが、一般的には

パソコンはどれにしようか悩むところでしょう。

 

でも、最近ではパソコンやOSは用途に応じて

使えば何でもいいと私は思っています。

 

ひと昔前は、フロッピーディスクやUSBキー

などのストレージでファイル交換が主流だったので

 

「互換」がどうとか

「やはりWindows。」

 

などと言われてました。

でも、現在は、インターネットが主流です。

 

極論すれば、インターネットにつながるパソコンであれば、

OSに依存せず大概の目的が達成できます。

 

あとは、好みでパソコンやOSを選択すればいいと思います。

 

それでもパソコンやOS悩む人にアドバイス

 

用途によって、あとは好みでパソコンを選ぶと言っても

選択肢が多くて悩んでしまう方へアドバイスです。

 

現在、パソコンの選択肢は、

Windows

Mac

に絞られるでしょう。

 

その理由は明らかで、

使っているユーザー数が多いからです。

 

困ったときにGoogle先生のお世話になったとき、

Windowsならまず困ることはないでしょう。

 

トラブル内容を検索窓に打ち込めば、

大概のことは、解決できるはずです。

 

Macでもほとんどのことを解決できると思います。

 

もし、OSで悩んでいるなら下記の用途で選んではどうでしょう。

 

安価なパソコンを選んだり、

トラブルを早期に解決したい。

また、巷にある有料・無料ツールを使いたいなら

 

Windows。

 

パソコンのデザインや

いろいろとトライしてみたいなら、

 

Mac。

 

上記である通り、MacでもWindowsが稼働します。

また、Mac好きという理由で私が使用するパソコンは

Macのみです。

 

ParallelsというMac上でWindows を稼働させることができる

アプリをインストールすると

MacもWindowsも、両方使えてしまいます。

 

いかがでしょう?

 

Macは、Windows に比べて高価ですが、

MacとWindowsを併せて二台分買ったと思えば、

お得な感じがあると思います。

 

巷にあるツールのほとんどを一台で使えます。

 

まとめ

私は、長年AppleユーザーでMac好きなので

Macを使っています。

 

ただ、私の個人的な理由とは別に

MacでWindowsも稼働できるこのご時世、

Windows 一辺倒ではなく、Macを選択してもいいと思っています。

 

上述してますが、著名なYouTuberもMacを使っている方が

結構います。

 

・Windowsが稼働

・著名YouTuberがMacを利用

・ほとんどのツールがMac上で利用可能

 

そのため、私はMacをお勧めしています。

 

Mac上でWindowsを稼働させるアプリは、

無料・有料でいろいろありますが、

私のお勧めはParallels Desktopです。

 

Windows が稼働するだけでなく、

上述したLinux、ChromeOSや超漢字など、

マニアックなOSを使うことができます。

 

また、Parallels Desktopに含まれる

Parallels Toolboxというツールがともて便利です。

 

YouTubeなどの動画をダウンロードしたり、

操作画面を動画で録画したり。

 

といろいろできます。

さらに、このツールはMacとWindowsの両方が

用意されています。

 

Macにするか決める前にParallels Desktopを

見てから決めてみてはいかがでしょうか?

 

Parallels Desktopの詳細はこちらから。

 

 

今回は、以上です。